<ワークショップインフォメーション>
 

自家暗室でのカラープリント教室を開催します。ネガカラープリント暗室作業未経験の方対象です。

デジタルカメラ全盛のこの頃、フイルムはこの世から消えてしまいそうです。
そんな時代だからこそ、フイルムで撮った写真をご自身でプリントしてみてはいかがでしょうか?

ネガスキャンやラボでプリントしてもらうのもいいけれど、自分で焼いた写真は何かが違います。
ネガカラー写真の面白さは自分でプリントしてみることです。気づくことが沢山あります。。
『フイルムは本当はこんな色してたんだ。こんな写真だったんだ』など、新たな発見があります。
フイルムに向き合いながら、撮った時の記憶をたどるように色を見つけてゆく作業。
この面白さを少しでも多くの人に知ってもらいたくて、自分の暗室でカラープリントワークショップを開催します。

当日はご自身でプリントしたいカラーネガをご持参いただき、6切プリントを完成させることを目標にします。
(使用機材 引伸機LPL7453自動現像機CP31)

以下の内容を十分ご確認の上、ご興味ありましたらご応募よろしくお願い致します。

 

(参加条件ご注意事項)
レンタル暗室やラボ暗室のような立派な暗室ではなくて自家ホーム暗室での作業になります。
その点ご了承いただける方。

ご自宅でカラー暗室をしてみたい、カラー暗室を持ちたいとお考えの方には参考になるとおもいますし、もちろん暗室作業の基礎をお教えしますので、ご自身でレンタル暗室など借りた際もスムーズに作業が行えるようになります。

暗室は一つですので交代で順番に作業します。

お教えする暗室プリントの仕方は私自身が実際にプリント制作で行っている手順です。

他の方とはやり方が違うかもしれません。その点ご了承いただける方。

 

(募集要項)

(概要)

時間:13時~16時(約3時間 終了時間は前後する可能性有り)ご希望により開始時間の変更ご相談承ります。 
場所:下北沢駅より徒歩5分(詳しい場所はお申し込みの方にメールにてお伝え致します)
募集人員:2名まで(一回の開催につき)
費用:お一人様 6000円(税込)(薬品、印画紙6切3枚+テストピース4枚まで無料)

2枚~3枚の6切り仕上がりプリントをご自分で制作できます。

募集人員に達した場合はその時点で募集を締め切る場合があります。
募集人員に達しない場合は開催を見送りまして、日にちをあらためて募集いたします。

友達と一緒に、など2名以上でも大丈夫です。お問い合わせください。

(お支払い方法)
当日現金でお願い致します。

(問い合わせ・申込み) 
tomonori@tomonorinishigori.com

 

 

 

映像展『メタ以前』vol.2 「C6H6」に参加します

 

 

西郡トモノ pad thai  より

場所:GALLERY OUT OF PLACE  TOKYO

http://www.outofplace.jp

展示期間2016年8月19日(金)- 2016年8月28日(日)

開廊時間12:00 - 19:00 (金 - 日曜日 : 8月19、20、21日、26、27、28日)

全日12時よりループ上映いたします。

参加作家5名による合計7本の作品を収めた、総尺約25分の作品集です。

企画共同品川亮、Gallery OUT of PLACE

8月20日夕方よりアーティスト・トークを行ないます。

出展作家中山(文筆家)
三浦哲也(写真家)
西郡トモノ(写真家)
品川亮(映像制作 / 編集)
パルコキノシタ(美術家)

Gallery OUT of PLACE TOKIOは、2016年夏の特別企画として映像展『メタ以前』を開催しています。
8月19日(金)からはその vol.2 として「C6H6」と題した、ショートフィルム上映を行ないます。

現在我々が「メタ」という言葉を使用する際に語られる何かを超越したようなさまは、metaphysics の意味する「形ある自然を超越した事柄の学問」を指し示し、それらはしばしば非科学的・非学問的なものとして受け取られる事が多い。
しかし多くのアーティストはこの「メタ」的視点を取り入れる事によって多くの考察や気付きを促している事も事実である。
現代アートの中でも比較的新しいメディアとして登場した映像は、「メタ」的視点を充分に活かす事が出来るのだが、今回の企画では映像が映像として「ただ其処にある」ような、シンプルな立ち位置から発せられる映像表現を紹介致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

vol.2「C6H6」(6作家によるショートフィルム上映)
タイトルの「C6H6」は化学用語でベンゼン(芳香族炭化水素)を意味します。
vol.2の映像プロジェクトは、作家達にまず「C6H6」というお題が出され、それぞれの作家達がそれに呼応し制作したショートフィルムをループ上映するというものです。
 

 

 

7月8日〜7月18日 「それからの時間」

 
 
 

「それからの時間」

ミュージシャン 富澤タクとの写真と絵画のコラボレーション展示

7月8日〜7月18日  
12:00 - 20:00 (土日祝は12:00 - 19:00、最終日は17:00まで)
会場:America-Bashi Gallery
http://americabashigallery.com/exhibitions/#exhib_1518
 

※イベント
オープニングパーティー 7月7日(木)18:00~20:00
※トークショウのお知らせ
同会場にて7月10日(日)14:00~16:00にトークショウを実施致します(予約受付終了しました)